リサイクルビジネス活性化リサイクルショップ買取りアップ、業績アップ、リサイクルビジネス開業 独立新規ビジネス 立ち上げ支援情報サイト

船井総研 リサイクルビジネス活性化サイト
お問い合わせサイトマッププライバシーポリシー
リユース・リサイクルビジネス研究会



リユース・リサイクルビジネス研究会


>> 2015年1月レポート

2015年4月例会ダイジェスト



それではさっそく4月度 リユース・リサイクルビジネス研究会 レポートをおおくりいたします!

市場が伸びているリサイクルショップ業界において、事の大小は違えど、どこの経営者様も買取件数のアップ、
また従業員・スタッフの採用と戦力化など、多くの課題を抱えておられます。

特にWEB化に乗り遅れてしまい、商圏に大手が進出してきた!という方の悩みは切迫しているものがあります。

しかし、そこには同時にチャンスも広がっています。

今回の「リユース・リサイクルビジネス研究会」では、
そんな経営者の方にぴったりの内容だったのではないでしょうか。

まず当研究会は 【第一講座】、【第二講座】、【第三講座】 の大きく3部構成に分かれています。

【第一講座】では、まず船井総合研究所の講師陣による講演。
【第二講座】では、研究会会員様がゲスト講師として45分間、
成功事例や学びなどをメインに講演していただきました。
【第三講座】では、引き続き研究会会員様が自店での成功事例などを発表・共有していただきました。
その後の質問タイムでは大いに盛り上がりました。皆様大変勉強家ですね!
最後は船井総研のコンサルタントがまとめ講座を努めさせていただきました。

次に各講座の概要をご紹介させていただきます。
【第一講座】
まずは我々、船井総合研究所のコンサルタント 福本、千馬、澁谷から
直近のリユース業界の市場動向から、販促の細かい手段まで事例を交えて解説させていただきました。

1.リユース業界の時流と5つの対策
2.中古ネットマーケティング対策(モバイル対応について)
3.保管・梱包・発注の外部代行導入について(最新事例紹介)

それではさらに詳細をみていきましょう。
1.リユース業界の時流と対策 については、
① 大型複合化(専門店の集合体)
② 専門店化(単品一番化、商圏内最大在庫、専門店としてサービス力UP)
③ 海外マーケット(香港、タイ、シンガポールなどのアジアマーケット)
④ リフォーム・リペア(革製品、アパレル、ジュエリーなどのファクトリー作り)
⑤ WEB強化(店舗集客・宅配買取・WEB通販)

などについて時流に合わせた取り組みをお話しさせていただきました。

2.中古ネットマーケティング対策 については、今回はモバイル対応についてをメインに。
グーグルモバイルフレンドリーや、単品特化型サイトのすすめ、
さらには買取ホームページの基本構造説明などかなり具体的な内容までお話しいたしました。

専門商材の専門ページ(HP)を作成し、専門商材にするメリットや
買取件数を増やすための対策などすぐに実行できそうな内容ばかりですね。

【第二講座】
第二講座では「有限会社きたに 木谷様」にゲスト講師としてご講演していただきました。

「有限会社きたに 木谷様」
大阪でリサイクルショップを4店舗展開している会社様です。
「スーパーのようなリサイクルショップをつくろう♪」がテーマで、
現在お客様が40代以上の方で約7割を占められていらっしゃるようです。

本公演では回転率の速さの秘訣や買取促進ノウハウ、またきたに社の将来展望についてまでお話しいただきました。

聴講者の満足度はその後の質問にでますね。
質問者が多すぎて時間内では終わりませんでした!笑

きたに様も初めは緊張しておられましたが、終了後はすがすがしい顔になられていました。

「株式会社ソフネット 中村様、有馬様、戸澤様」
人材の育成、取り組みをメインにお話ししていただきました。
ソフネット社独自の文化を取り入れられており、船井総研スタッフも興味津々で拝聴しておりました。

【第三講座】
第三講座では研究会会員様の売上や買取件数、顧客別対応法、
今後の取り組みなどをそれぞれ発表していただきました。

研究会に入会しているからこそ聞くことができる最新事例やノウハウが満載で
メモ用紙とペンを手放せない内容ばかりでした。

このような3部構成で「リユース・リサイクルビジネス研究会」を開催させていただきました。

研究会では今回のように勉強会形式もあれば、成功している企業の視察クリニックを行うこともあります。
どの形式であっても研究会会員様に満足していただけるリユース業界随一の研究会だと自負しております。

現在、毎月新規会員様の入会が決定し、より密度の濃い研究会になることが確実です!
ご興味・ご関心を持たれましたらぜひ下記ページのお問い合わせ、
もしくは直接お電話からでも受け付けておりますので、
ご質問だけでもどうぞご連絡くださいませ。




懇談会の様子




お試し参加 ご相談